Sign in
×

Login (email address)

Password

Interactive stories, text-based games and visual novels
RegistrationSign in
iFiction.net

iFiction.net

Visit our new website AXMA.INFO

Запустить

【3】

いそいで準備をして家を出る

あなたは何で駅を目指す

バスで向かう → 【4】

自転車で向かう → 【5】

【5】

いつもの速さで向かっても間に合いそうにない

あなたはどうする

全力で向かう → 【9】

いつもの速さで向かう → 【10】

【1】

朝、目が覚めると

いつも家を出ている時間に目が覚めてしまった

あなたはどうする

そのまま寝直す → 【2】

急いで起きる → 【3】

【8】

いつもの時間に

いつもの手段で登校することができた

そして、いつもの一日が始まる

Introduction

目が覚めると、時計の針は8時半をさしていた

荻野 智巳

【9】

全力で自転車で向かったおかげで

なんとか電車の時間に間に合い

いつも通り登校することができた

そして、いつもの一日が始まる

【10】

結局始業時間に間に合わず

遅れて教室に入っていくことになった

そして、説教からの一日が始まる

【7】

ホームに着くと、ちょうど電車が出発した

次の電車に乗ったが、始業には間に合わなかった

そして、説教からの一日が始まる

【4】

ちょうどバスが来ていたので

急いで乗り込んだ

しかし、道が渋滞しており

普段の電車の時間に間に合わなかった

急いでホームに向かう → 【6】

あきらめてゆっくり向かう → 【7】

目が覚めると・・・・

【2】

再び起きてみると

時計は7時半をさしている

先ほどのは夢であったのか

起きる → 【8】

【6】

ホームに着くと運がよかったのか

電車は数分の遅延をしており

電車に乗ることができ、始業にも間に合った

そして、いつもの一日が始まる